アスタリフトジェリーに配合のヒト型ナノセラミドとは?

アスタリフトのジェリーアクアリスタにはヒト型ナノセラミドが配合されていますが、そもそもこのセラミドというのはどういったものなのでしょうか?

 

セラミドには肌の潤いを保ったり水分の蒸発を防ぐ「保湿機能」や、外部の刺激から守る「バリア機能」があり角質層の重要な成分です。

 

私達のお肌にはバリア機能が元々あるのですが、この保湿・バリア機能を助けて肌本来の保湿力を支えてくれるのがセラミドなのです。

 

またセラミドにはビタミンCの専売特許であったシミやシワケアとしても注目されています。

 

これは肌の乾燥が改善されることによって紫外線を通さなくなるからと言われています。

 

水分が充分に備わっていれば肌は紫外線を通しにくくなるんですね。

 

なので結果として紫外線が原因によるシミやシアにも良いとされているんですね。

 

これらの効果からいま女性の美容の面でも注目・期待されています。

 

しかしセラミドは主に加齢やストレス、外部の環境変化などにより少しずつ減少してしまいます。

 

体の中で減ってしまうと乾燥肌の進行やお肌のたるみ・シワの原因にもなります。

 

アスタリフトジェリー アクアリスタに配合されいてる「ヒト型ナノセラミド」の大きな特徴としては、

・肌のセラミドと同じ「ヒト型」であること
・通常のセラミドよりも極小の「ナノ」であること
・高濃度で安定化させること

 

これらによりただ単にセラミドを使ったというものではなく、私達のお肌にしっかりと行き届き安定させることで肌本来の潤いを支える手助けをしてくれます。

 

また近年の研究からアトピー性皮膚炎や乾燥肌の方は、体内のセラミド量が少なめだという事が解ってきています。

 

その結果としてバリア機能の低下・肌水分の蒸発がしやすくなるので、髪やお肌の潤いが気になる乾燥肌の方やアトピー性皮膚炎の方は、保湿やバリア機能のあるセラミドを効率的に取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

アスタリフトジェリーのお試しを使ってみた私の体験談はこちらでご紹介しています。